面倒くさがりのシンプルで正直な生活

29歳、旦那と二人暮らし、フルタイム勤務、1DK住まい引っ越したい、面倒くさがり、料理掃除嫌い、仕事辞めたい、ベッド大好きなニート気質。
そんな山田(やまだ)が断捨離して過ごしやすくする為のブログです。

【お金】家計簿を始めて気づいた事、また家計簿の付け方

おはこんばんにちは。

山田(やまだ)です。


風邪っぽさが治らず、お腹を壊しました山田(やまだ)です。


薬を飲んで、お粥orうどん生活をして2キロほど痩せた山田(やまだ)です。


あぁ、ケンタッキー食べたい、、



さて、そんなこんなで今回は、


・お金の管理、つまり家計簿


についてお話ししていきます。


私、山田(やまだ)、今年に入ってから家計簿的なものをつけ始めました。


しかしそれまでは


・レシートは受け取らない

・又は即捨て

・大体このくらい使ったかなー?と適当に考える


こんな感じでした。


そのため当たり前ですが


・どれだけ使っていたか把握していない

・どこでお金が無くなっているのかわからない

・貯金が細々としか増えない


という状態が続いておりました。


しかし、さすがにこのままではマズイ!と思った山田(やまだ)。


まずは、ネットで見つけた「クリアファイルに一日使えるお金を入れてやりくりする」という方法を行なってみました。


1ヶ月持たず断念_(:3 」∠)_だめだこれ



そこからの派生と言いますか、面倒くさがりの為


「袋にレシートを入れておこう」

「ま、とりあえずね」

「そうしたら後で出来るしー」


と、こんな感じ始めた形が私には合っていたようで、それを続けています。



それを簡単にご紹介します!



①上記でお伝えしたように袋にレシートをガンガン入れていきます。(1ヶ月分)




②1ヶ月の分の溜まったレシートを見て、こんだけ買ってたんか、、と実感する。


③袋からレシートを取り出し、適当に振り分ける(食費、日用品など)



④それを計算してスマホのメモに残す。



山田(やまだ)は上記のように、ちょいちょい細かくしています。


左側が使った金額で→○○○は来月はその金額で収めたいっていう目標です。


それに対してどれだけプラスなのかオーバーなのか、等もつけています。


山田(やまだ)は、これに変えてから


・お金を把握できるようになった

・無駄が減った

・お昼を持っていくようになり節約できた(その事を数字で実感できた)


と良い事だらけ!!


正直言うと、3〜5万円ほど節約出来ましたガチで。


なので、飽きるまで続けていきます。

ずっと続けば良いな(笑)


家計簿って正直面倒だし、自分がやりやすいようにするのがベストだと思います。


それを見つける為の1つの手段として、山田(やまだ)のやり方をご紹介したので、少しでもどなたかの役に立てば幸いです。


もし、やってみようって人がいたら、そこから自分のやりやすい様に派生させていって下さいな!!!!


では今回はこの辺でーーー